給与担当の今1番ホットなキーワードは「年末調整」

image-1

人事総務部(東京)の鈴木です。給与計算を担当しています。
ちなみに弥生の給与計算ソフトは、もちろん「弥生給与」です!

%e7%84%a1%e9%a1%8c

さて話は変わりまして、給与担当をされている方々で、今1番ホットなキーワードは、「年末調整」ではないでしょうか。
弥生でも、直雇用者が約600名近くおりますので、扶養控除等申告書の記載内容、保険料控除の添付書類の確認は人事総務部のメンバー総力戦で対応しています。

記載内容に不備はないか、申告漏れが無いか、はたまた申告計算は間違っていないか等、細かく確認しています。
(各企業のご担当者様、ファイトです!!)

もし年末調整を初めて行う企業、もしくはご担当者様であれば、弥生の「スモビバ」で関連記事が掲載されていますし、国税庁でも「年末調整がよくわかるページ」に分りやすく記載されておりますので、ご参考にしてください。

年末調整の目的は、正しい所得税計算をすることかと思いますが、私自身もう一つ大事にしていることは、働く社員の皆さんの家庭や住所の変更に伴うフォローです。

企業によっては、結婚、出産に伴う、お祝い金、家族手当等の制度を用意されているのではないでしょうか。弥生でも慶弔や諸制度を用意しています。

働いている方々の中には、ご自身の会社の制度をよく知らない、または忘れてしまった方もいらっしゃるかと思います。結婚やお子様の誕生というビックイベントがあっても、会社へ申請をし忘れたこともあるのでは?

そこで年末調整が活躍します。
年末調整で提出される扶養控除等申告書に、「ご家族」、「住所」が記載されています。
・新しく配偶者控除の氏名が記載された⇒お祝い金は申請されたか、健康保険の扶養は大丈夫か、緊急連絡先は変更するのかなど
・新しくお子様の名前が記載されている⇒お祝い金は、健康保険の扶養は、育児休業のご案内は出来ているかなど

このように年末調整では、働く社員の方々に安心して働ける環境をフォローすることができます。
大量の申告書の確認作業で疲れも出ることもありますが(笑)、そこは働く社員の方々が気持ちよく働ける環境を作っていることを強く自負し、頑張ってまいります!

image-1