Misoca、Ruby bizグランプリ2016グランプリ受賞

ruby20160054

こんにちは、Misocaの豊吉です。
Misocaでは先日Ruby bizグランプリ2016で最高の賞であるグランプリを獲得しましたので報告します。
(画像:Rubyの生みの親のまつもとゆきひろ氏(左)と豊吉(右))

Ruby bizグランプリは日本発のオブジェクト指向プログラミング言語であるRubyのビジネス事例を表彰するグランプリです。
事業の成長性やRubyとの関わり、社会貢献度などの点で審査がされます。今回は全29社の応募がありました。

439d3f5e-fd52-4233-873a-2a97b823c1a6
MisocaとRubyの関わり

MisocaはそのほとんどをRubyで開発していることや、Ruby関連のコミュニティ運営や普及に貢献してきたことなどが高く評価されたそうです。
私にとってRubyへの貢献が評価されたことは特に嬉しいことでした。なぜならMisoca社は私と取締役の松本哲の二人で創業しているのですが、創業前に二人で初めて活動をしたのが「たのしいRuby」というRubyの本の読書会の開催だったからです。そして、その読書会をきっかけに地元でのITエンジニア仲間も知識も増え、今の会社設立に繋がっていきました。

今回このような賞をいただき大変光栄に感じています。今後さらにRubyを使ってMisocaを良いものにしていくことで、Rubyコミュニティに貢献を続けていきます。