2017年人事・総務トピック

img_2400

2017年が始まりました。
2017年の酉年は果実が成熟した状態を意味していて、商売繁盛に繋がる年と言われています。
アメリカの政権など予測しづらいこともありますが、日本の景気は比較的上昇傾向との見通しとなっています。

一方で賃金引き上げの流れと正社員採用の流れが一段と強くなってきており、皆さま様々な戦略と施策を検討されていると思います。
環境は違えども人事の方々と意見交換できる機会があればさせていただきたく思います。

さて、2017年の業務では、
1月は育児・介護休業法が改正され、より手厚くなり、またマタハラなどの防止義務が事業主に義務付けられました。
規程の改定が必要ですのでまだ改定されていない方はお早めに改定されることをお勧めいたします。

3月は昨年と同様2018年新卒採用の会社説明会開始です。
各メディアの予測では今年はさらに短期決戦と言われています。
学生の方々はそんな中でもキチンと会社を研究して決めてください。
是非、弥生にも訪問していただき、弥生のことを存分に認識していただければ幸いです。

また、法令改正には至っていませんが、さらに残業への取り組みの強化へ進んでいますし、働き方改革も安倍政権第三の矢を推進する上で一段と推進することになりそうです。

2017年も様々なことが予定されています。
皆さまにとって飛躍の年となりますように。