歳はいつ増える?

おに

Tsです。
陽射しが少しずつ暖かくなってきました。節分が過ぎて立春を迎えたことで旧暦では1年の始まりということになります。

私達も誕生日という日を区切りに新しい年を迎えて1歳年齢が増えます。当たりまえですが・・。
ではいつ歳が増えるのでしょうか。
例えば4月1日生まれの人は、毎年4月1日に誕生日を迎え、4月1日に1歳増えると思われがちですが、、、違うのです。

社会保険担当の方やお子様がいらっしゃる方はよくご存知かと思います。
法律上(民法および年齢計算に関する法律)は前日を満たした時に1歳増えるとなっており、それは上記の場合3月31日の24時となります。
3月31日の24時と4月1日の0時は同じ時間ですが、3月31日に属する24時を以て1歳加算となっているのです。
そうです、4月1日誕生日の人は3月31日で1歳加算されるのです。

実際の生活では学校の入学の時に影響します。
4月1日基準で入学年齢を区切っている学校の場合、4月1日誕生日のお子様は3月31日に入学年齢に達してしまうため、4月1日に入学年齢になる4月2日生まれのお子様から新しい学年となるのです。(4月1日生まれのお子様は前の学年の早生まれになり、4月2日生まれのお子様と1学年違ってしまいます)

介護保険料徴収においても良く間違ってしまいます。
介護保険料の徴収は満40歳に達したときから始まります。
4月1日が誕生日の方は1日が属する月分から介護保険料が発生すると思いがちですが、上記のとおり3月31日24時に介護保険料徴収年齢となる満40歳に達しますので、3月分から徴収となります。
4月1日誕生日の人は3月分から徴収、4月2日誕生日の人は4月分から徴収と同じ月の誕生日でも違う月の徴収が発生します。

間違いやすいですね。