プレミアムフライデー

20161212001-a[1]

人事総務部の高橋です。

皆さまは、今週の金曜の予定は決まっていますか?
というのは、2月24日(金)は政府が呼びかける“プレミアムフライデー(*)”のスタート日です。

*“プレミアムフライデー”とは、個人消費を促すことを目的に、経済産業省と経済団体が主導する施策で、「月末の金曜日は早く仕事を上がるように呼びかけよう」という提案です。また、副次的効果として、働き方改革(長時間労働の是正)に繋がることも期待されています。詳しくは、経済産業省のHPでご確認いただけます。

さて、既に、2月24日(金)に向けては、小売業や飲食業、旅行業などで、セール企画等の準備がされています。首都圏や大阪などの大都市はもちろん、私が住んでいる札幌市でも、ネットで検索すると“プレミアムフライデー”に特化した様々なキャンペーン情報を見つけることができました。単に「モノを買う」のではなく、時間を有意義に使うための体験型イベント企画が多く開催されることが分かります。また、ビジネス系セミナーなども開催されており、目的を定めて活用すれば、有意義な時間の使い方を計画することが出来そうです。

一方で、企業内での働き方を見直すきっかけとして、早めの退社を呼びかけている会社は、果たしてどのくらい存在するのでしょうか?有給取得の推奨や、午後3時退社を宣言する企業も出てきており、人事担当としては他社の動向が気になるところです。弥生では、社内横断的な呼びかけには至っていないのが正直なところですし、社員ひとりひとりの認知や意識もまだまだ、というのが実際です。さらには、周囲のメンバーと会話したところ「サービス業にとっては労働の負担が増すのでは?」とか、「同じ日時に一斉に仕事を終えるのは難しい」、「担当業務によっては週末や月末こそ忙しい」などの意見も聞かれました。ワークライフバランスの向上に繋がる部分は上手く活用したいのですが、実際に職場内に呼びかけていくにはさまざまな工夫が必要そうです。

。。。と、いろいろ思案していても変わらないので、2月24日(金)午後に有給を取得しました。まずは、百聞は一見に如かず、ということで、自らプレミアムフライデーを実践・体験してみます。消費に使うのか?イベントに参加するのか?家族サービスに使うのか?それとも、溜まった家事を片付けるのに費やすのか?・・・はこれからの検討です。

皆さまも、記念(?)となる最初の“プレミアムフライデー”の過ごし方を計画されてみはいかがでしょうか。