夏休みは休日?休暇?休業?

gatag-00013318

Tsです。
ここ数日は多くの方が夏休みを取られていることかと思います。
ここで弥生の夏休みを少し紹介いたしますと、カスタマーセンター勤務者と本社などカスタマーセンター以外の勤務者と夏休みが違います。
カスタマーセンターは土日祝日の休日がお休みのため、8月11日の山の日の祝日から8月16日まで(営業日では3日間)夏季休業とさせていただいています。
一方、カスタマーセンター以外の勤務者は7月から9月までの3ヶ月間に3日間の夏季休暇を任意に取得します。
その3日間の夏季休暇に有給休暇をくっつけて連続休暇を取得する社員が多いでしょうか。

さてここまでで「休日」と「休暇」と「休業」という言葉が出てきました。
皆さまの会社の就業規則にも定義されていると思いますが、改めて整理してみたいと思います。
まず、休日は会社が休みの日であり、社員は労働義務のない日です。
弥生において、休日は土日祝日となります。また休日は法律で定める法定休日と会社が定める法定外休日に分けられ、法定休日を日曜日、法定外休日を土曜日および祝日としています。
なお、休日は労働義務がない日なので休暇を取得することはできません。

次に、休暇と休業は、本来は会社が営業していて、社員は労働義務のある日ですが、会社が独自にまたは社員が権利を行使することによって労働義務を免除する日です。
弥生においては、休暇は社員の権利として有給休暇、会社が定めるカスタマーセンター以外の社員の夏季休暇、慶弔の際の特別有給休暇、入社から5年ごと5日間取得できるリフレッシュ休暇などがあります。
また、休業は会社が定めるカスタマーセンターの夏季休業、法律で定められていて社員の権利として、産前産後休業(ただし産後休業で産後8週間は社員が権利行使しなくても法律により会社は労働させてはならないとなります)、育児・介護休業などがあります。

整理しないと混乱しがちですが、上記の様な取り決めとなっています。
話しを夏休みに戻しますと、夏季休業も夏季休暇も会社が独自に定める労働免除日となります。

近年それぞれ会社によって特徴ある休業や休暇を作っているところが増えてきています。
弥生では、リフレッシュ休暇にリフレッシュ休暇補助金5万円を支給してリフレッシュの促進をし、有給休暇の取得率向上を会社として進めるなど、しっかり休む環境を整えることでメリハリのある労働環境であり、これからも進めていきます。
皆さまの会社はどのようなお休みとなっていますでしょうか。