カスタマーセンター総会

人事総務部(札幌)の高橋です。

約2ヶ月の準備期間を経て、ついに本番の日を迎えました。

去る9月15日(金)、大阪と札幌のそれぞれの会場で、カスタマーセンター総会を開催しました。両カスタマーセンターに勤務するそれぞれ約200名の社員が、ビジネスセッションと懇親会を通じて、1年の成果を振り返り、また新たな1年の目的を共有するための社員総会です。

大阪会場(ホテル日航大阪)

大阪会場(ホテル日航大阪)

札幌会場(ホテルモントレーエーデルホフ札幌)

札幌会場(ホテルモントレーエーデルホフ札幌)

社内行事としては最大規模のイベントとなり、9月の大阪/札幌でのカスタマーセンター総会、そして10月は東京での社員総会と続きます。人事総務が担当する業務としても大きなヤマ場で、まずは大阪&札幌での総会を終えることができ、少しホッとしています。

さて、2017年から2018年にかけては、札幌カスタマーセンターが設立10周年、大阪カスタマーセンターが設立20周年、そして弥生としては「弥生シリーズ」の発売から30周年と「10年、20年、30年」の節目が重なります。アニバーサリーイヤーに相応しいコンテンツを関係社員一同で準備してきました。

カスタマーセンター総会 アジェンダ

カスタマーセンター総会 アジェンダ

社員表彰は両会場をネットで生中継

社員表彰は両会場をネットで生中継

さて、記念ムービーの中で岡本社長が、
「iPhoneが発売されたのは10年前。その間のテクノロジーの進化は私たちの生活を大きく変えた。そして、今後の10年は、さらに速いスピードで、大きな変化が起こる。」とメッセージしました。参加者の立場では、この言葉がとても印象に残っています。

弥生はテクノロジー企業として、その変化を産み出していく立場にあります。また、人事担当としては、これからの10年で、私たちの「働き方」の変化に適応していくことが求められます。そうなると、社員総会の意味づけや形式も変わっていく必要があります。

10年後には、プレゼンターもオーディエンスもそれぞれがリモート環境で参加しているかもしれないですし、逆に、社員ひとりひとりが多様な働き方をしているからこそ、リアルに一同が会する場としてより重要な位置付けになっているかもしれない、などと考えながら参加していました。

今回の総会は、弥生社員それぞれが自分の役割の中で、新たな10年に考えを巡らせる機会になったのではないかと思います。