内定式

図1

Tsです。
大学生の就職内定率は9月1日時点で91.4%と、この10年で最も高くなっていますという報道がありました。
10月2日は多くの企業が内定式を実施されています。
弥生も10月2日に内定者4名を迎え入れ、緊張の中にも笑いありの内定式と懇親会を実施しました。

振り返ってみますと、このブログの3月に超短期決戦の18就活が始まりましたと記載しましたが、本当に超短期決戦でした。

2018年新卒採用開始

2017.03.06
一方で予定採用数を満たしていない会社は長期決戦になっているのではないでしょうか。

内定率91.4%という数字は非常に高く、多くの企業が新卒採用に注力していることを示しています。
過去10年でもっとも高いとのことで、10年前の内定率を見てみますと、就活日程や経済状況が違いますが、このようになります。

      09卒   18卒
7/1時点  82.6%  88.2%
5/1時点  63.0%  37.5%
3/1時点   6.1%  6.0%

5/1時点では25.5%も開きがあるのに、2ヶ月後は逆転しています。
5/1から7/1の2か月間で一気に50%内定者が増えていることになります。
就活日程に少し振り回されている感は否めないですが、様々な接点を企業と学生が持ち、様々な就活を実施していることが分かります。
ご意見は様々と思いますが、その現実の中で弥生はキチンと学生と接していきます。

10月2日の内定式において、内定者の自己紹介プレゼンにて「今、私は弥生に片思いです。早く弥生から必要とされるように成長したい。」という言葉がありました。
内定者のみんながそのような想いを持っていただいているようですが、いえいえ、十分相思相愛です。
弥生はとりあえず予定人数を達成するために内定を出しましょうということは一切いたしません。
心から入社していただきたい、弥生と共に成長してもらいたい、それに責任を持つという考えですので、相思相愛でなければ内定を出していません。

19就活も直に始まります。
どんな学生に会えるのか、どんな出会いがまっているのか、今からワクワクしています。
弥生のことをキチンと知っていただく場をより多く設けたいと思いますので、是非、お話しを聞きに来てください。