人事本音トークをしてきました

photo2 イベント・活動

「お客さまが自社の製品・サービスについてどう考えているか、を知り次の打ち手に活かしたい」。
どんな商品やサービスにも相手(お客さま)があり、そのインサイト(深層心理)が気になるものです。
先日、弊社人事の佐藤が、ロンドン発祥の日系転職エージェント、ジェイエイシーリクルートメント(以下、JAC)様の若手社員に向けた社内研修にお呼びいただき、企業の人事担当(JAC視点ではお客さま)としての本音トークをしてきました。広報の片山がその様子をレポートします。(もちろん機密事項が沢山ありますので、一部を公開!)

photo8

はじめに、簡単に佐藤 哲士の経歴を紹介します。

FB_IMG_1495519104173
学生時代にアルバイトをしていた外資系アパレルで、正社員もアルバイトも世界中同じ研修を継続的に受けるなかで「エンゲージメントが高くなる」を実感。その仕組みなどに興味を持ったことから人事に関する仕事を新卒で選択。1社目は社員6名のベンチャー人材コンサルティング会社(JACと同業界)に従事し、2社目は大手ゲーム会社の人事に転職。2016年から弥生にて現職。

今回の研修では、経歴の通りエージェント側と人事側の両方の経験、知見からのお話をさせていただきました。
あと、同僚の私からいうのも変ですが、佐藤は一見、お調子者?変わり者?です。本研修当日も、JACの方々は全員スーツ(&ネクタイ)のなか、一人、かなりカジュアルな格好で登壇していました(さすがにシャツくらい着ればいいのに・・・と突っ込みましたが)笑。そんな佐藤の性格と、JACの方々の和気藹々とした雰囲気で、終始和やかな中で研修は進みました。

photo3

研修参加者は、JACの若手コンサルタント40名(20代3割、30代前半7割)。パネルディスカッションは、モデレーター兼登壇として先方の部長さん2名と佐藤の3名で行われました。
会のはじめは、佐藤の自己紹介から。
まずは人材コンサルティングの話から。社員6名の会社に新卒が佐藤含め5名入った。そんな環境だったので、とにかく見よう見まねで走り続けたようですが、1年目は同期にダントツで負け、3年目にはダントツで1位の成績を収めた。結果が出た要因は「お客さまの懐に飛び込み続けた」から。当時佐藤は20代前半、お客さまは30代半ば。いかに懐に入るか、を常に考え行動していたとのこと。拒絶されたら、違う対応をしてみればいい。「まずは懐に飛びこんでみては?」と、佐藤。

ここからはモデレーターの問いに答える進行でしたので、質問形式でお伝えします。

JAC
その後転職されて企業人事になられました。そこで見えてきたものはなんですか?
SATO
エージェント側に居たのでクライアントだった人事の仕事を理解していると思い込んでいました。実際は、反対の立場になって全くわかっていなかったことに気づきましたね。例えば、人事が社内でどんな動きを毎日しているのか。人事は比較的多くの時間を「社内での調整業務」に費やします。いわゆる、“社内営業”。社内の色んな人とのコミュニケーションですよね。人事は社内では営業マン、だと思います。
JAC
人事として入られて1年目、エージェントの数を絞った採用活動をされたとのことですが、それはなぜですか?
SATO
その数が1人で実行できる限界だったからです(会場 大笑)。まじめな話としては、1人で80名近くを採用していたので、当初はそのためにどう業務を効率化して成果を出すか、それだけに集中していましたね。
JAC
ちなみに、残念ながらその枠からもれたエージェントの特徴は?
SATO
ここからは、非常に中身が濃い話になっていったため為、参加されていた方のみの秘密ということで。。。
JAC
信用できる、また良いと思われる担当者に共通する、具体的なアクションはありますか?
SATO
面接が終わったあとにエージェント側から人事へ連絡をいただけると思うのですが、はじめに「面接どうでしたか?」とは、聞かない担当者が多かったかもしれません。もちろん結果によってではありますが、先に候補者の方のお気持ちや悩まれている点を事前に収集されて伝えてくださることのほうが多いかもしれません。それだけ候補者の方と担当者の信頼関係がある証ですから。人事は情報を社内で共有しますし、人事が次にどう社内に働きかけるか、そして会社としてのWill(こうしたい)をまとめていきます。単に情報が欲しいというだけではなく、担当者の方も人事の一員として動かれていたり、反対にうまく人事を使う・人事をどう動かすか、を意識していただいていたりするとよりコミュニケーションが円滑になると同時に本質に向かっていくと思います。

この後はモデレーターさんの案内で、会場からの質疑応答TIMEに。

JAC
(新卒女性):「自社の人事として同じ気持ちで動いてくれるエージェント担当者」になるためにはどうすれば良いですか?
SATO
経験値によってやり方は変わると思いますが、特に新卒時代は「わからないので教えてください」営業が特権だと思います。人事の性格も色々なので、教えてくれる人(人事A)とそうでない人(人事B)がいますよね。そういう時は、まず人事Aから根掘り葉掘りいろいろと聞く。そしてそこで得た情報を人事Bと話してみると人事Bが心をひらいてくれたり(もちろん他社の特定される情報や機密情報はダメです)。それを繰り返すことで、自身にも情報が蓄積されて経験値も高くなる。あとはいい意味で「人たらしになる」ことですね。

この後、複数の方からや、まさかの先方の部長さんから質問が繰り出されるなど、、約1時間でしたが良い雰囲気のまま終了しました。

即日、本研修ご担当者からいただいた参加者の声です。
・佐藤さんの軽快な語り口調がとても聞きやすく、興味深かったです
・人事の方のぶっちゃけ話を聞く機会は少ないので、企業内で何がどう動いているのかを理解でき大変参考になりました
・人事の方とのコミュニケーションで必要なものがわかり非常に勉強になりました

photo4
SATO
ご参加いただきました方々、誠にありがとうございました!少しでも皆さまの今後の参考となれば幸いです(by 佐藤)