弥生入社後の1年を振り返って

20180501_191715

マーケティング部本部 リテール営業課の湯山です。

こちらの写真は先日にリテールチームでボウリング大会+飲み会を開催した時の写真です。
最近チーム内で週1回、ランニングをしていたのですが、たまには違うスポーツもしたいという事でボウリング大会を開催。白熱した試合になり楽しみました!

さて今回、入社後の1年間を振り返ってみました。

1年間で経験したこと

この1年間、リテール営業課としての業務と新入社員としての業務と大きく2つありました。
リテール営業課としては家電量販店営業を行い、実績と傾向を分析してそれに見合った施策を打ち出していく事や、新製品発売時期、確定申告時期(繁忙期)には、家電量販店で売場作りをしました。業務に慣れてきてはいるものの、分析や売場作りの方法や営業手法といった所で、私自身まだまだ未熟な部分が多くある為、2年目は「質」の部分を上げていくことが課題だと思っています。
次に新入社員としての業務ですが、社内で行うお客様向けのセミナーの講師や、大阪にあるカスタマーセンターでヘルプとしてお客様対応を行ったり、倉庫の棚卸などなど、新入社員1年目ならでは(?)の業務を色々担当させていただきました。セミナーの講師や、カスタマーセンターでの応対では、実際に「お客様」と接する業務に関わることができ、どういったお客様が弥生製品をご検討・ご契約して下さっているかが少し理解できたかなと思っています。

本業であるリテール営業課でもその知識を存分に活用し、「相手」を理解した上でどういう対応が有効なのかを考えて業務を行っていきたいです。

2年目の抱負

社会人2年目として、日々奮闘しておりますが、今年の目標はズバリ!!「生産性の向上」です。2年目に突入して、1年目以上のタスク量になっている中で、少ない時間で如何に質の高いアウトプットをできるのか常に意識したいです。というのも、この1ヶ月間新たな業務やタスクを進めているのですが、とにかく時間が足りません。もっと効率良くスピーディに進めれば問題ないですし、残った時間で新たなアウトプットができると思います。

新卒の後輩も入社した事もあり、より一層身を引き締めて先輩としての自覚を持ち躍動の1年間にしていきたいと思っています。