ママ社員が社会復帰前に読んだ本

1225_621 はたらく仲間

こんにちは。人事総務部のN(札幌)です。
日々、時間に追われながら、もっと効率的に仕事ができないものか・・と頭を悩ませて、楽しく仕事をしております!!

今日は、社会復帰前に読んだ本の紹介をしたいと思います。
この4月から子供を保育園に預け、弥生で働き始めたのですが、
社会復帰(!)すると、時間がなくなる、、と不安になって読んだものです。

① 仕事:週刊ダイヤモンド2018年1月20日号 仕事超速化の技
② プライベート:フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~

子供がいると、いつ保育園から呼び出しがあるか分かりません。
もちろん、子供がいなくても、効率化を意識することは大事なのですが、子供を保育園に預けているママの鬼気迫った感じは、やはり違うかなと思います。
そこで、メール、名刺管理、エクセルの技を教えてくれる、①の仕事超速化の技は、参考になりました。一つ一つは些細なことですが、集中できる技(メールはこまめに見ない、ポップアップ表示させない等)、時間を短縮できる技(規定のフォーマットを使う、ショートカットキーを多用する等)が盛り込まれています。

と同時に、働きながらもプライベートを充実させたい。子供がいて、働いて、だとプライベートは時間がなくなります。②の本は、読んだことがある方も多いと思います。生活の無駄を省きながらも、大事にしたい部分に資産を投入する(資産というのは、お金や時間です)そして気持ち的に豊かになれる術を教えてくれました。
この本で言っていたわけではないですが、5秒ルール(5秒ではじめる)、20秒ルール(やめたいと思うことを20秒かかるようにする)、30秒ルール(やりたいことを30秒増やし、やめたいことを30秒減らす)というのも人生を能動的にコントロールする術で、②の本で言っている内容に通じるものがあるかなと思います。

弥生に入社して、約3カ月。子育てをしながら働くというのは、大変でもありますが、自分の時間を持てるということでもあります。子供はかわいく離れがたいですが、子供と離れて仕事に打ち込むことで、子供と過ごす時間をさらに大切にできていると思います。これこそ、ワークライフバランスという言葉がぴったりだと実感していますので、働こうかな・・と悩まれている主婦の方がいらっしゃったら、環境が許すなら、一歩を踏み出してみるのもおすすめです。

人間誰しも、限られた時間の中で、仕事をし、プライベートをすごしています。
私も時間に追われるではなく、効率化と資産投入で、豊かなライフ&ワークをすごしたいと、日々試行錯誤しています。