【開催レポート】取引を始める前に押さえておきたい3つのテクニック~起業家のための経理【特別編】~ @co-ba school

photo1

こんにちは。広報の片山です。
「取引を始める前に押さえておきたい3つのテクニック~起業家のための経理【特別編】~」をco-ba school   で行いました!

co-ba schoolとは?
チャレンジを応援する場であるco-baが、さらにたくさんのチャレンジの創出をめざして、運営する学校が「co-ba school」です。弥生は起業家の方々を対象にしたお金に関する講座「起業家のための経理」を、毎回異なるテーマで実施しています 。

今回は、弥生のグループ会社Misocaのパートナーさんでもある、株式会社トラスト&グロース (以下、T&G社)と共催した講座で、「確実に売上を手に入れる“取引のセオリー”を自分のものに」をテーマに展開しました。

photo2
講師は、笑顔が素敵なT&G社の竹蓋(タケフタ)さん

多くの方にご参加いただき、 起業を検討中の会社員の方、士業の方やWebデザイナーやシェアハウス運営者など多様でした。

講座は3つから構成
(1)契約トラブルを起こさないテクニック
(2)未入金を予防するテクニック
(3)未入金を回収するテクニック

(1)では、契約時にありがちなトラブルを未然に防ぐポイントのお話しでした。
契約上のトラブルでよくあるベスト3はこちらとのこと

photo3

↑のベスト3に対して、7つのテクニックを当日お話しいただいたのですが、ブログではそのなかからひとつ(下記)

photo4

言われてみるとあたり前なのですが、どうしてもいくつも案件や取引先が並行して動いている通常業務シーンだと、記載の「受注内容の確認」を軽視(やった方が良いことはわかっているが、実行はしない)してしまったりしませんか??
他にも、新規での取引の際「知り合い(or 知り合いからの紹介)だから大丈夫」と思って、最初に「受注内容の確認 を十分に行わなかったりするケースも多いとのこと。竹蓋さん曰く、「契約トラブルの多くは、この「受注内容の確認」を行っていることで防げるケースが多々ある」とのことでした。

(2)未入金を予防するテクニックと、(3)未入金を回収するテクニックでは、新規取引先のHPのある部分をチェックすることでできる予防策や、登記簿謄本からわかる予防策など、T&G社でも実際行っているテクニックも交えて解説いただきました。

photo5

弥生の木下からMisocaのサービス紹介して、本編は終了

続く懇親会では、参加者、講師、事務局も参加して「未回収」をトピックスに互いの実体験の話しになり。本人は冗談交じりにおっしゃていましたが、フリーランスの方で過去数百万円単位の未回収を経験されていたり、別の方は海外企業との未回収案件が現在進行形であったり…かなり生々しいお話しも飛び交っていました。

あと、受講者の方の中には、 わざわざこの講座のためだけに!仙台から日帰りでお越しいただいた方がいたことに、関係者一同、驚きと開催してよかったと嬉しい気持ちになりました。

当日の内容を講師の竹蓋さんから詳細に解説いただいた記事を弥生マルシェ で公開中です!

弥生マルシェとは?
皆さまの業務に役立つヒントが “きっと見つかる” 情報マーケット「弥生マルシェ」。スモールビジネスの業務に役立つ情報とこだわりのサービスを取り揃えています。

是非ご覧ください!