「Best Professional Firm 2019」トークセッションに弊社代表の岡本が登壇しました!

トークセッション イベント・活動

こんにちは、営業推進部の松永です。

そろそろ桜も咲きそうな陽気の3月19日、グランドプリンスホテル高輪プリンスルームにて、株式会社MS-Japan様が主催する会計ビジネスを活性化し日本経済に寄与した会計事務所等を表彰するイベント「Best Professional Firm 2019」が開催されました。弥生は、DIAMOND SPONSORとして参加いたました。

この会は、昨今AIやRPAによる自動化により、会計士・税理士の仕事がなくなるというニュースが報じられる中、一方で時代の変化に負けず必要とされるプロフェッショナルがいること。またそれを選出することで、改めてビジネスにおける会計業界の重要性・有用性と会計業界の価値を再認識していくことを目指して、設立されました。

イベントの出席者は Best Professional Firmに受賞し招待された「高い価値を提供し続けるプロフェッショナルな会計事務所の代表やそれに準じる方約200名」ということで、会場の雰囲気と相まって荘厳な空気感で会が進行していきました。
荘厳な雰囲気

会の中盤、トークセッション第2部に弊社代表の岡本が登壇しました。
「会計業界とIT」というテーマのもと、それぞれ専門分野のスピーカーとして、司会者から受けた質問に対して受け答えする形式で、進んでいきました。弊社には「この10年でソフトウェアはどのように進化し、会計士の役割はどのように変化していくか」等、会計ソフトと会計・税理士との関係性について質問を頂戴し、岡本がお答えいたしました。会場の皆さまはビュッフェに舌鼓を打ちながら、熱心に聞き入っていられました。
トークセッション

「Best Professional Firm」は、今回が初めてのイベント開催ということでした。会の終盤には抽選会が行われる等、様々な工夫が凝らされており、盛況のうちに閉会しました。

当日、参加された皆さま、MS-Japanの運営の皆さま、当日は誠にありがとうございました。
今後も弥生は業界を盛り上げる皆さまと協力して活動できるよう、全力を尽くしてまいります。