e-Taxがかんたんにできる「確定申告e-Taxモジュール」をリリースしました!

今回話を聞かせてくれた開発担当の内山、黒木
今回話を聞かせてくれた開発担当の内山、黒木
お知らせ

マーケティング部の谷口です。

2020年1月21日(火)に個人事業主の所得税確定申告でかんたんにe-Taxができる機能「確定申告e-Taxモジュール(https://www.yayoi-kk.co.jp/products/shinkoku/e-tax.html)」をリリースしました。

個人事業主の確定申告におけるe-Taxをかんたんにする機能です。
今回は、「確定申告e-Taxモジュール」の開発背景や特徴を開発担当者のコメントを交えてご紹介します!

なぜいまe-Taxなのか?

2020年分の確定申告(2021年3月申告期限)から、青色申告特別控除が改正されます。
2020年分の確定申告以降、e-Taxによる申告(電子申告)又は電子帳簿保存(仕訳帳・総勘定元帳)を行わないと、今まで65万円だった青色申告特別控除額が10万円減少し、55万円になってしまいます。
なぜいまe-Taxか

そのため、2020年から電子申告を行う方が多くなることが予想されます。
このような背景から、「弥生の会計・申告ソフトでお客さまにかんたんに電子申告ができるようにすること」をゴールに「確定申告e-Taxモジュール」の開発を行いました。

「確定申告e-Taxモジュール」の特長

確定申告e-Taxモジュール特長
弥生製品から直接申告
弥生製品だけでe-Taxによる申告が完結。デスクトップ製品、クラウド製品どちらでもお使いいただけます

シンプルな画面
シンプルな画面だから、操作方法を迷うことなくお使いいただけます。

かんたんな手順
ステップが多いe-Taxの手順を省略。わかりやすい、かんたんな手順で完了します。

※Macには現在未対応です

開発担当よりコメント

黒木:「今までは国税庁提供のe-Taxソフトを利用する方式でした。この方式は汎用性が高い反面、申告までの手順が多くなるデメリットがあります。
確定申告e-Taxモジュールでは、弥生製品から直接申告を行うこと、弥生製品が対応している帳票に絞ることで、専用品ならではの少ない手順でかんたんに申告できるようになりました。
自信作ですので、ぜひお使いください!」

内山:「確定申告e-Taxモジュールはわかりやすさ・使いやすさを追求するために、画面構成や操作の流れを開発過程で何度も見直しました。
結果として、少ないステップ数で迷わずに申告を完了できるものに仕上がったと思います。
これまでe-Taxを利用したことがない方も、今回はぜひ確定申告e-Taxモジュールと共に電子申告へ挑戦していただけるとうれしいです。」

最後に

『マイナンバーカードを手に入れるのが大変・・・』という方もいらっしゃると思いますが、所得控除10万円はバカにできません。仮に所得税率20%なら2万円税金が安くなるということですからね。
※単純計算した場合です。実際にはもう少し複雑です。
更に、今年9月からマイナンバーカードでのポイント還元事業も予定されていますので、是非この機会にマイナンバーカードを取って、税金もお買い物もオトクにしてみてはいかがでしょうか?

そして、なによりも、是非「確定申告e-Taxモジュール」を使用して、提出期限までに申告を済ませてくださいね。確定申告応援プロジェクトや「やよいの青色申告 オンライン」のかんたん解説のサイトも、チェックしてみてください。

弥生は皆さんの確定申告を応援しています!