「会計事務所のためのRPAセミナー」オンラインで開催しました!

ブログRPAセミナー イベント・活動

広報の小山です。

5月22日(金)に弥生PAP会員(弥生 会計事務所パートナー)向けに
「会計事務所のためのRPAセミナー」を開催いたしました!
実際にセミナーを視聴しましたので、当日のようすをお伝えします!


近年、税理士人口減少・少子高齢化により、会計事務所の人手不足は深刻になっており、業務効率化やテレワークなどの働き方改革を進める動きが本格化しています。

そんな中、注目されているのがRPA(Robotic Process Automation)。
単純な作業をロボットに任せることで業務を効率化するツールとして、注目されています。

今回、人材不足・育成や、他事務所との差別化に課題を感じられている会計事務所さまを対象に、RPAとはどういうものか、「RPA×弥生製品」の実例をご紹介するセミナーを企画しました。

当初、オフラインでのセミナーとして3月から実施する予定でしたが
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインに切り替えての実施となりました

セミナーレポート

【アジェンダ】

  •  RPAとは? |大城 真哉 さま(会計事務所RPA研究会株式会社 代表取締役 / 税理士法人リライアンス 代表社員)
  •  「弥生会計」を使ったRPAの利用実例のご紹介 |野村 紘太郎 さま(株式会社RPAソリューションズ 代表取締役)
  •   質疑応答

【講師】

1. RPAとは?

RPAとは何か、どういうことができるのか、またご自身が税理士法人の代表としてRPA導入を決断された具体的な理由をお話くださいました。

実際に事務所で活用されている、顧問先さまの持続化給付金の金額算出や記帳での二重仕訳防止ができるRPAのデモも見せていただきました。

2. 「弥生会計」を使ったRPAの利用実例のご紹介

株式会社RPAソリューションズさまのRPA(EzRobot)を使用し、弥生製品で行う業務を自動化する例をいくつかデモンストレーションを実施していただきました。

【RPA×弥生製品】

・弥生会計
└ 法人税申告ソフトへの転記
└ 帳票のPDF化・印刷
└ 二重仕訳チェック

・弥生給与
└ 従業員登録
└ 勤怠入力

3. 質疑応答

「事務所内でのRPA作成担当者はだれがよいでしょうか?」
「ほかのRPAのおすすめはありますか?」
「ネットバンキングを実施していない顧問先への対応方法は?」

など、参加者からいただいたさまざまなご質問について、大城さま、野村さまよりご回答いただきました。

質疑応答の様子

質疑応答の様子

参加者の方からの感想

ご参加いただいた弥生PAP会員さまから感想をいただきました。

・弥生のスマート取引取込でも、RPAが使用できるという事を具体的な例をあげていただき知る事が出来て、大変勉強になりました。今後の参考にしたいと考えています。充実した研修でした。

・PAP会員の研修をいつも受講させて頂いていますが、大変勉強になりテーマも充実している


「RPAとは?」という基礎的な内容から具体的な弥生製品での活用方法までご紹介するこちらのセミナーは6月以降も開催予定です。

【PAP会員様限定 無料セミナー】会計事務所のためのRPAセミナー

今後も弥生は、会計事務所さまに向けて有益な情報を発信できるようオンラインでのセミナーの拡大など、さまざまな取り組みを実施していきます。

会計事務所の皆さまの業務が効率化できるよう引き続き支援してまいります。