令和2年(2020年)分年末調整に向けた弥生の取り組み

2 イベント・活動

こんにちは、営業推進部の細渕です。

皆さまは年末調整と聞くと、何をイメージされるでしょうか。扶養控除申告書、住宅ローン控除、還付金・・・あたりを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

そんな年末調整ですが、年々その仕組みが複雑になってきています。そのため年末調整作業を行う会社の人事/経理担当者や会計事務所の負担が増えているのです。そして今年、令和2年分の年末調整は過去最大規模の改変が行われるので、より大きな影響があります。

今回は業務インパクトが大きい令和2年分の年末調整に向けた弥生の取り組みについて、ご紹介します。

取り組みの背景

令和2年分の年末調整では、税制の大幅な改変と手続き電子化促進策が同時に実施されます。以下の表からも今年はどれだけのボリュームがあるか、お分かりいただけるかと思います。

各種控除の改変 様式の変更 電子化促進
給与所得控除の見直し 基礎控除兼配偶者控除等兼所得金額調整控除申告書(配偶者控除申告書の改組) 法定調書の電子提出義務の対象拡大
基礎控除の見直し
所得金額調整控除の創設 控除申告書・証明書の電子化拡大
ひとり親控除の創設/寡婦控除の改組 扶養控除等申告書(ひとり親控除・寡婦控除に関する記載)
住宅ローン控除:消費税増税後の住宅取得等への特例 給与所得の源泉徴収票/給与支払報告書

これらの改変は、申告書の配付から回収チェック、ソフトへの入力など年末調整の一連作業にも影響があります。事前に準備を行わないと現場の事業者、会計事務所では大きな混乱が発生し、最悪の場合年末調整作業が期日までに終えられない可能性もでてきます。

年末調整 対応推進プロジェクトの発足

そこで弥生は、事業者、会計事務所が令和2年分の年末調整業務の支援をするために、弥生の各部門を横断した「年末調整 対応推進プロジェクト」を立ち上げました。
部門横断した目的は、各実行施策の可視化、横断課題の解決、必要施策の立案/実行を統括することです。

1

令和元年分の年末調整対応が終了した2020年1月に本プロジェクトは始動しました。

マーケティング本部のメンバーから、エンジニア、カスタマーセンター、人事総務など業務内容、活動拠点の異なるメンバーがチームとして定期的に集まり、施策を練っていきました。

途中、新型コロナウイルスの影響で原則リモートワークとなり、チーム内でのコミュニケーションが取りづらくなる時期もありました。しかしオンラインツールを活用し、今では従来よりも“密”なコミュニケーションを図りながら、プロジェクトを進めています!

プロジェクトでの取り組み

本プロジェクトでは社内外への取り組みとして、事業者、会計事務所、弥生社内の3者に対して、コンテンツや施策での取り組みを実施しました。ここからは、代表的な取り組みをいくつかご紹介します。

年末調整特設Webサイトの開設

令和2年分の年末調整に関する情報は、多くの企業サイトやブログなどで公開されています。しかし、知りたい情報を一括で確認したいというご要望も耳にします。そこで弥生では、年末調整に関する情報や対策を一括で確認できる特設Webサイトを開設しました。

なかでもこだわったのが、事業者と会計事務所それぞれに向けた特設Webサイトを準備したことです。求められている情報はそれぞれ異なるため、事業者向けには法令改正の基本から解説、会計事務所向けには顧問先対応に向けたより具体的な支援策を掲載しています。

令和2年分年末調整の改正・変更点の解説をはじめ、事業者の業務担当者や従業員がいつ何をしたらよいかが明確になるコンテンツを用意している特設Webサイトです。

2

 

顧問先の年末調整対応の負荷軽減に繋がる各種資料や情報をキャッチアップできる特設Webサイトです。

3_トリミング

チェックシート&ガイド

年末調整業務は大きく2つに分けられます。それは申告書回収までの「準備」と、実際の年末調整計算を行う「実践」です。
これまで、「実践」の業務を中心に弥生給与/やよいの給与計算といった給与製品でサポートしてまいりました。今年は制度がいっそう複雑になったため、「準備」において誤りや漏れを防ぐことが例年以上に難しくなりました。そして、予備知識がない従業員の方々にも正しく申告書を記入・提出してもらえるように、分かりやすく案内することが重要です。そこで今回は、「準備」でどの事業者でも利用できるチェックシートとガイドを作成しました。

4

事業者向けチェックシート&ガイド

5

会計事務所向けチェックシート

これらのコンテンツ作成にあたり、法令・税制改正の内容や実際の年末調整業務について、正しく理解している必要がありました。そこで、税理士法人古田土会計様に監修をいただきました。専門家の生の声を反映できたことで、より実務に則したコンテンツ制作に繋がったと自負しております。
年末調整あんしんガイドからダウンロードできますので、ぜひご確認ください。

年末調整対策イベント・セミナー

本格的な年末調整業務が始まる8月から10月にかけて、事業者向けと会計事務所向けそれぞれにオンラインでのイベント・セミナーを開催しました。本来はオンラインと会場開催の2形態を検討しておりましたが、新型コロナウィルスの影響により、全てオンラインで実施する運びとなりました。

6

会計事務所向け年末調整オンラインイベント「弥生PAPコミュニティ」 で話す代表の岡本

セミナーでとても印象に残ったのは、事業者の皆さまの年末調整に対する意識がとても高かった点です。
おかげさまで、お申し込みを開始してすぐに用意していた席が埋まりました。オンライン開催でありながら、双方向で質疑応答ができるように一般的なセミナーよりも席数を制限していた関係もありますが、それでも早い時期から年末調整への備えを考えられている皆さまの意識に驚かされました。
ご参加できなかった方にはご迷惑をおかけしましたが、特設Webサイトにてセミナー動画を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

その他には、オウンドメディアでの年末調整に関する情報の発信や、社内向けの法令改正と各コンテンツの勉強会などを行っております。

最後に

年末調整の本番はこれから11月、12月にかけてピークとなります。
弥生では今回ご紹介した取り組み以外にも、年末調整の実践段階に合わせて、弥生の給与製品での操作方法などをまとめたコンテンツを公開予定です。
過去最大規模の改変が行われる今年の年末調整を円滑に行っていただけるよう、弥生は引き続き支援に取り組んでまいります。