新米人事からみた弥生

真ん中にいるのが庄村です
真ん中にいるのが庄村です
はたらく仲間

こんにちは、人事総務部の庄村と申します。
先々月の9月から弥生に中途入社いたしました。これから新卒採用担当として東奔西走する予定ですので、よろしくお願いします。(インターン、はじまります!)

ドキドキしながら弥生の門を叩いてから早いものでもう2か月。ちょうどブログ当番を拝命しましたので、友人にもよく聞かれる『結局弥生ってどんな会社なの?』ということを備忘録的に書かせていただきたいなと思っています。

チーム弥生に溶け込むために

中途入社、とくに初めての転職の方は「組織になじめるかな…」いうことを不安に感じると思いますが、私や同期の皆さんもスムーズに組織になじめていると感じています。

弥生のコミュニケーション施策として、エムグラムを活用している部署もあります。私も入社早々チームメンバーのエムグラム見せていただきましたが、ざっくりでも「どんな人かわかっている」上で接するのは合理的で楽ですね。特に入社直後は右も左も社風も、隣のあの人が何者かもわからないので、人見知りな私としてはものすごく助かりました。

社内報(「ヤヨイロ」と言います!)では毎月新入社員の自己紹介が1人1ページ(!)あり、チーム弥生の一員になるために手が尽くされているなあという印象です。

ちなみに私のエムグラム。何回受けても『♯スーパードライ』が真っ先に出る…

ちなみに私のエムグラム。何回受けても『♯スーパードライ』が真っ先に出る…

侃侃諤諤

まったくひねりがなくて恐縮ですが、弥生の社風を言い表すと「風通しがよく自由に意見を言える社風」だと感じています。ここまで侃侃諤諤と意見が立て交わされる会社ってなかなかないのではないでしょうか?

サービスでも、社内の体制についてでも、皆が思ったことは何でもすぐに発言しているように思います。部長の意見だろうと本部長の意見だろうと、「そこまで言う?!そんな食い下がる!?」というくらいガンガン突っ込んでいく様は、入社前に抱いていたイメージとはとても良い意味でギャップがありました。
正直に言うとあまりに盛り上がるというか、ヒートアップするので、入社したばかりの頃は「喧嘩が始まるんじゃないか?」と勝手に戦々恐々としていました。笑
私たちはまだまだ遠慮なくとはいきませんが、場の心理的安全性を噛み締めています…。

まじめでホスピタリティのある人たち

議論をヒートアップさせている一方で、感じたのがホスピタリティ。

そもそも意見がそれだけ出るのは関心の裏返しだとも思いますし、全体的に、自分たちのサービス・会社に対する思い入れ、矜持があり、そしてお客さまに応えたいというホスピタリティが高いということだと思います。
社員全員が「顧客」ではなく「お客さま」という表現を使うのも弥生のホスピタリティというか、在り方を感じさせます。私が弥生を好きな理由の一つです。

余談

よく「弥生ってスーツきて仕事してそう」と言われるのですが、ドレスコードは特になくほぼ私服。
私自身、新卒から約4年間来ていたスーツをやめてデニムで働いています。思い出の一張羅もすっかりお役御免となり、フリマにでも出そうかなと思い始めたりしています。

弥生レボリューション

弥生のエンゲージメントメッセージは「挑む自由を、あなたに。」ですが、弥生自身も挑み続けている会社です。ありがたくもシェアNo.1(※BCN、MM総研調べ)を取っていますがそこに甘えるのではなく本気でその先を創りにいく会社です。のんびり保守だけをしている会社だと思っていると火傷しますよ!

お客さま、ビジネスに対して「こんなことをやっていきたい!」という挑む心持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度お話しをさせてください。弥生のこと、きっと好きになっていただけます。一緒に弥生レボリューションしましょう!お待ちしています!
芳根さんの弥生レボリューションムービー

こんな会社を探していた!という学生さん、ぜひ遊びに来てくださいね。
教育に対してもびっくりするぐらいポリシーと制度の整った会社なので、誇りをもって働いていただけると思います。
2月頃までインターンを実施する予定ですので、ぜひお越しください!
リクナビ2020の当社ページ